wiredhotel

画像引用元:WIRED HOTEL Asakusa 公式ページ
URL:http://wiredhotel.com/ja/stay/

日々変わる東京のホテル事情

東京は観光スポットとして多くの外国人旅行者が日々訪れています。
これから東京オリンピックを迎えることもあり、さらにたくさんのホテルが建設されること、受け入れ環境が整うことが予想されています。
そのため、今現在のホテル動向はどんどん変わるため、逐一チェックをすることが必要です。

今までの老舗ホテルや外資系のホテルだけでなく、どんどんとチェーン系のホテルも増えています。
さらに、従来からあるホテルに対抗するためにオリジナリティのあるホテルもどんどんと建てられています。
そのようなホテルの中の一つがWIRED HOTEL ASAKUSAです。

WIRED HOTEL ASAKUSAとは

WIRED HOTEL ASAKUSAは国内観光客に対しても外国人観光客に対してもどのような旅のスタイルにも対応できるホテルを目指しています。
そのため宿泊スタイルも選ぶことが可能です。
ペントハウスもありますし、一人でも気軽に過ごしやすいシンプルなホテルタイプ、ドミトリースタイルとがあります。

予算の問題はもちろんですが、観光の目的に応じても部屋を選ぶことができます。
せっかくの機会だから終日色々な場所を観光してホテルでは寝るだけで十分という場合にはドミトリータイプでも十分問題ないですし、ホテルステイでゆったりと過ごしたいという場合にはスーペリアクラスの部屋でのんびり過ごすのがオススメです。

やはり浅草駅が近い立地ですから、多くの人は浅草観光を共に楽しみたいものです。
そうすると食事も浅草界隈のお店で楽しみたいと思う人も少なくありません。
もちろんそれも一つの楽しみ方ですが、ホテルを訪れるとホテルで食事をするかどうかを悩むくらいホテルの食事も充実しています。

ホテルのレストランでは豆腐料理やスイーツ日本酒を取り揃えたバーが営業されています。
日本酒とおつまみを楽しみながらイベントを楽しむこともできるので、これも東京の思い出としては充実したものにすることができます。

昔ながらの下町とおしゃれな空間とが楽しめる

東京の下町に来たからには昔ながらのホテルに泊まりたいと思う人も多いです。
しかしながら、昔ながらのホテルとなれば、どうしても宿泊にあたって施設内の設備が古いためにリノベーションされていない場所でないと宿泊できないという人もいます。
特に外国人はその傾向が強いです。

その点、WIRED HOTEL ASAKUSAの場合にはおしゃれでラグジュアリーな今どきなホテルを楽しみつつ、外観や内装の中にはナチュラルモダンな空間を感じることもできます。
和と洋、今昔とがうまく融合している空間は他にはない新たなタイプのホテルであり、これはなかなか体験できない不思議な感覚です。

関連記事

グランド ハイアット 東京

アンダーズ東京 ア コンセプト バイ ハイアット 

ホテル雅叙園東京