深夜営業

眠らない街、東京

昔から眠らない街という言い方がされるように、東京には深夜まで営業しているというお店がたくさんあります。
地方であれば終電を逃したとなればタクシーで帰るしかありません。
しかし都会であればタクシーに乗って帰るよりも深夜営業をしているお店に足を運んで過ごす方がリーズナブルに過ごせることも少なくありません。

もちろん、このような始発待ちのために時間を潰すだけでなく夜遅くまで友人と楽しむことができるお店もたくさんあります。
そこで、ここでは深夜まで営業しているお店をいくつか紹介していきます。

深夜営業している飲食店

渋谷や新宿池袋といった大規模ターミナル駅に行けば24時間営業や朝5時まで営業しているというお店の多さに驚くものです。
昔はこのような深夜営業をしている飲食店といえばごくわずかな居酒屋やカラオケ店、ファミレスに限られていました。

しかし、最近ではカフェでも深夜営業をしているというところが増えています。スターバックスも渋谷のセンター街入り口にある店舗はなんと深夜3時まで営業をしています。
夜遅くまで飲んだ後、最後にコーヒーを飲んで帰るということもできますし、仕事が終わらないという人が持ち帰ってWi-Fi環境を借りるということもできるのです。

深夜営業しているスポーツ施設

面白いのが東京都内には深夜営業しているスポーツ店が色々とあるということです。
ジムに通いたいと思っていてもなかなか行く機会がない人、営業時間内に通うことが難しい人が休日前に訪れて夜中に汗を流すということがあります。

新宿区役所沿い、歌舞伎町のど真ん中にはオールナイト営業のバッティングセンターがあります。
品川プリンスホテル内には深夜までプレイできるテニスコートもあります。

それ以外にも卓球を楽しんだり、ボーリングを楽しんだりできる施設はとても増えています。
臨時休業や予約制であることもありますから、夜中にスポーツを楽しみたい場合には事前に営業時間の確認をしておきましょう。

深夜に買い物をする

東京は深夜まで営業しているお店が多く、深夜でも買い物をすることができる店舗が多くあるのです。
例えば、新宿では名物ともなっているディスカウントの殿堂、ドン・キホーテ本店が24時間営業で深夜になっても買い物をすることができます。
そのため外国人も多く訪れており、色々な人がいる中で深夜に買い物をするというのは不思議なものです。

また、深夜にゆっくりのんびりと買い物ができるのが代官山にある蔦屋書店です。
ここはTSUTAYAであるため、本や映画、音楽、文具といったものを購入することができます。
読書スペースも設けられているのでゆっくり吟味しながら本を選ぶことも可能です。

店内にはファミリーマートやスターバックスも入っています。
そのため帰りにコーヒーや軽食を購入してからの帰宅も可能です。

関連記事

「最強のバターコーヒー」、楽しんでみませんか?

銀座エリア最大級、GINZA SIXの魅力や注目ポイントは?

乃木神社 骨董蚤の市とは?

東京のベストショップ10