コーヒー

バターコーヒーとは

最近では海外セレブや芸能人の中でバターコーヒーというのが流行しています。
名前を聞くとコーヒーにバターを入れるということで抵抗を感じる人も多いものです。
しかしながら、味が美味しいのはもちろんですが、ダイエットに効果があるということでも注目されているのです。

名前の通りバターコーヒーはコーヒーにバターを入れるのですが、どこにでもあるバターを使うわけではありません。
バターの中でも特別なグラスフェッドバターを使うことが必要です。

このグラスフェッドバターというのは、牧草で飼育された牛の乳を使って作る無塩バターです。
牧草だけを食べているために通常のバターよりも脂溶性ビタミンが豊富に含まれていること、塩分が添加されていないことから体に良いと言われています。

このバターコーヒーをダイエットとして飲むことで、体重が大幅に減ったこと、知能指数が20も上がったということで注目を集めています。
ダイエット方法もシンプルなもので、毎朝朝食の代わりにバターコーヒーを飲むというだけのものです。

それ以外には特に何かをする必要はありません。
ただし、昼食や夕食は普通通りに食べて良いとなっていますが、あまりにも食べ過ぎることは避けたり栄養バランスを気遣ったりはしておく方がダイエット効果は得やすくなっています。

最強のバターコーヒー

このバターコーヒーブームの影響を受けて、東京ではバターコーヒー専門店がオープンしています。
それが最強のバターコーヒーです。
代々木駅という話題のお店が集まるところにあることもあり、連日多くの人が足を運んでいます。

バターコーヒーに興味があるという人は多いですが、その未知の組み合わせゆえにどうしても自宅で作ってみようとは思えないことが多いです。
そこで、実際にバターコーヒーを提供している店舗に足を運んで飲んでみようと考える人が多いために、常に多くのお客さんが押しかけています。

店舗で取り扱っているバターコーヒーは良質なバターとオイルを用いているため安心安全の商品となっていますし、味は絶品です。
そのため飲むまで抵抗を示していたという人でも飲んでみるとその美味しさに驚くことがほとんどです。

コーヒーが苦手という人でもお店では紅茶を用意しているためバター紅茶を試すことができます。
バター紅茶はミルクティのような味わいとなっており、コーヒーと飲み比べをするという人も多いです。

こだわっているからこそ、店舗で取り扱っているメニューはバターコーヒーとバター紅茶のみとなっています。
限定品として毎日数量限定で有機認証されたバターで作るバターコーヒーとバター紅茶もあります。
店舗はテイクアウトのみですから、購入後は代々木の街を散策しながら楽しむのがオススメです。

関連記事

銀座エリア最大級、GINZA SIXの魅力や注目ポイントは?

乃木神社 骨董蚤の市とは?

深夜まで営業しているお店

東京のベストショップ10