ジョイポリス

画像引用元:ジョイポリス 公式ページ
URL:http://tokyo-joypolis.com/

カップルや家族連れ、いろいろなグループで楽しむことができるジョイポリス

東京ジョイポリスというのはお台場にある国内最大級の室内型アミューズメント
パークです。
入場料が大人800円、小中高生は300円、未就学児は無料ととてもリーズナブルです。
施設が室内であるために雨の日でも十分に遊ぶことができるので、天気を気にすることなくいつでも足を運ぶことができるのはとても便利なことです。

駅からも近いですから、移動も楽です。
そのため、雨が降っていたとしても行き返りにすこし雨に濡れるくらいで一日中しっかりと遊びとおすことができますから雨の日のデートや家族サービスでは積極的に利用されています。
そこで、ここでは東京ジョイポリスの魅力を紹介していきます。
 

派手に遊べるゲームセンター

ジョイポリスに行ったことのない人は、その施設のイメージがわかないという人がほとんどです。
一般的にアミューズメント施設というのは屋外にあるものであり、室内で楽しむアミューズン面と施設となるとどのようなものを楽しむことができるのか、規模はどのくらいなのかというのは想像できません。
そこで、わかりやすく説明すると派手なゲームがたくさんあるゲームセンターと
いうことができます。

施設の中には小学生以下の子供が乗ることのできるアトラクションもあります。
多くの施設のアトラクションは小学生以上の子供を対象としているため、未就学児が乗れない乗り物も多いですがここならば背の小さめな子供でも十分に楽しめるアトラクションが多いです。
そのため、幼稚園児をつれてくるという保護者も多くいます。

次に、絶叫マシーンやお化け屋敷といったものが苦手な人はこのような施設に行っても楽しめないものです。
しかし、ジョイポリスの場合には絶叫系の乗り物やお化け屋敷以外にも楽しむことができる場所がいろいろとありますからこれらのものが苦手な人でも楽しむことができます。
特に年中いろいろなイベントを行っているのでその様子を見学するだけでも十分楽しいです。

カップルのデートでも楽しめる

カップルでもつきあいたての人たちはアミューズメント施設でのデートはあまりよくないといわれます。
これは待ち時間がうまく潰せないことや苦手な乗り物に乗ってしまうことが原因です。

しかし、ジョイポリスならば乗り物に乗るだけでなく、ゲームを楽しむことができるので自然と二人の距離を縮められるアトラクションが多くあります。
付き合いたての場合にはデート中に会話に困ることは少なくありません。
そのため待ち時間をうまく過ごすことは難しいものです。

しかし、あまり並んでいないアトラクションを中心にゲームを楽しむことができればあまり会話のない人たちでも自然とゲームを進めるために会話をすることができ仲を深めていくことができます。
帰りにはお台場の夜景を楽しんだり、買い物デートを楽しんだりということもできるので、その日のデートを満喫して二人の距離を縮めることができるのです。

関連記事

変なホテル

江戸の歴史が良くわかる「江戸東京博物館」

色んな視点から宇宙を見れる「TeNQ」

パンダに会いにいこう!「上野動物園」

中世の西洋絵画を楽しめる「国立西洋美術館」

東京で広いMTGルームを借りたい!おすすめの施設は?